おすすめ投資信託
  1. Top
  2. » 債券投資




債券ETF 【おすすめ投資信託】

債券という金融商品は、定期的に利子を受け取ることができ、満期日を迎えれば投資した額面金額を償還金として受け取ることができる金融商品です。
債券市場の値動きは株式市場の値動きに比べ、相対的に安定していて、利子収入(金利)を得られるので、長期的に安定的な資産運用を目指すことができます。

債券投資する際は、ETF(Exchange Traded Fund)を利用するのがよいのではないでしょうか。
ETFには、国内の証券取引所に上場されているETFと、海外の証券取引所に上場されている海外ETFがあります。
債券ETFであれば、債券の銘柄を広く分散させることが可能で、債券ETFを保有していると毎月のように利子が自分の口座に振り込まれます。


債券投資の方法 <ETFで債券を保有>

債券ETFに投資することで安定したインカムゲイン(利子収入)を期待することができます。
また、株式やREITなど外国債券と異なる資産を保有している場合、それそれの資産の値動きに相関性が低いため、分散投資効果によるリスクの低減も期待できます。
安定したインカムゲイン(利子収入)が期待できるといった点で、債券はポートフォリオのコアとしたい資産の一つです。
また、債券ETFの場合、債券のクーポン(利子)を配当(分配金)という形で受け取ります。

債券ETFは、その内部に多数の債券銘柄を組み入れています。
外国債券の海外ETFは、償還期限が異なる債券への分散投資(数十~数百銘柄に分散投資)を継続しているので、ETFを保有しているだけで自動的に債券が買い換えられていくので、個々の債券の運用満期を気にする必要が無いため、手間がかからない簡単な債券投資方法です。
しかもグローバルに国債、社債を広範囲に分散投資できる債券海外ETFは、少額から購入することが可能です。

海外ETFを利用すれば銘柄数をかなり分散することができるので一つの企業の社債や一つの国の国債に投資・購入するよりも信用リスク、デュレーションリスク(平均回収期間のリスク)が軽減されます。

そして海外ETFを利用するメリットとして一番大きいのが、流動性を確保できるということです。
証券取引所が開いていればいつでも換金することができるメリットは大きいです。

債券市場の値動きは株式市場の値動きに比べ、相対的に安定していて、利子収入(金利)を得られるので、長期的安定的な運用を目指すことができるのではないでしょうか。

どのような債券指数に連動する海外ETFがあるのかというと、米国債、米国の公社債、米国の投資適格社債、ハイイールド社債、米国住宅ローン担保証券、米国物価連動国債、米国以外の先進国国債、新興国の国債などがあります。
どの商品も、ほぼ毎月の利子収入が期待できます。
外貨建ての金融商品なのでほとんどが米ドルでの利子の振込みになります。





債券投資とは

債券を簡単に説明すると、多くの人からお金を集める際に発行される借用証書のようなもの ということができます。
債券とは、国や地方公共団体、金融機関、事業会社などが、多くの人から多額のお金を集めたいときに、借りたお金の返済や利息の支払いなどを約束にするために発行する証券のことです。

債券が発行されるときには、下記のような条件が決められます。

借入金の額(発行額)
借入れの期日(発行日)
利息を除く借入金の返済期日(満期日)
お金を借りている期間 年限(期限)
支払う利息の率(利率)
利息を支払う期日(利払日)
利息を除く借入金の返済額(償還金額)


上記の条件で、債券を購入した人は、償還日までにいくらの利息がもらえ、償還金額がいくらなのかがわかるようになっています。


債券には、満期日まで、継続的に同じ金額の利息が支払われる固定利付債(確定利付債)といわれる債券と、利息の金額が変動する変動利付債といわれる債券とがあります。

固定利付債(確定利付債)
満期日まで、あらかじめ決められた固定の利息が、利払日に支払われる仕組みの債券を固定利付債(確定利付債)といいます。
固定利付債は、債券の発行の際に決められた利率が、満期日まで変わりません。
ほとんどの債券は、固定利付債となっています。

変動利付債
債券の利息の額が、利払日ごとに、その時々の市場金利等の状況に応じて変動する仕組みの債券を変動利付債といいます。
変動利付債の利率は、利率を決める際の市場金利に基づいて決められます。
日本では、期間10年の個人向け国債などが変動利付債です。
この期間10年の個人向け国債の利率は、半年ごとに見直され、直前に発行された10年満期の長期利付国債の利回りを基に決められます。


債券ETF 【おすすめ投資信託】
債券ETFの銘柄
米国債券で資産運用
米国債購入もETFで購入する
米国企業の社債もETFで投資できる
債券投資のリスクについて
投資適格債券とは
投機的格付債券とは (ジャンク・ボンド)






債券投資のリスクについて

債券投資には、主に以下のようなリスクがあります。


信用リスク

信用リスクとは、債券の元本や利息の支払いが滞ったり、支払い不能が生じる可能性のことです。
デフォルトリスク(債務不履行リスク)ともいいます。
元本や利息が約束通り支払われるかどうかの確実性(安全性)は、それぞれの会社等の収益力やその安定性(信用度)に依存しているといえます。
債券の信用度を判断する目安として「格付け」を利用することができます。


価格変動リスク

価格変動リスクとは、換金する際の受取額が変動する場合があるということです。
固定利付債券を満期まで持つ場合、利払い時や償還時の受取額が決められているので、あらかじめ投資収益が計算できます。
しかし、満期まで持たずに中途換金する場合は、原則として市場価格(時価)で売却することになりますので、売却益が出る場合も売却損が出る場合もありますので注意が必要です。


為替変動リスク

為替変動リスクとは、外貨建て外国債券やデュアル・カレンシー債といった外国の通貨で利息や償還金が支払われる金融商品では、それぞれの受取時点における為替相場の水準によって、円での受取額が変わってきます。
利払いや償還の外貨(例えば、米ドル)建て金額に対して為替相場が円安(外貨高)になった場合は、円での受取額が増え為替差益を得ることができますが、逆に円高(外貨安)になった場合は、円での受取額が減少し為替差損が発生します。
この場合、円建に換算した投資利回りは低下し、場合によっては利子分を帳消しにして元本割れとなることもあります。


流動性リスク

流動性リスクは、市場における取引ができなくなったり、通常より著しく不利な価格で取引を余儀なくされ損失を被るリスクのことです。
債券は必ずしも理論的に適正であると考えられる価格で取り引きされるとは限りません。
流動性に優れている債券であれば、希望する価格で希望する量の取引が可能ですが、そうでない債券では極端な場合、売りたいときに買い手が現れないこともあり得ます。
保有している債券を途中で換金しようとする場合、その債券の商品性や市場実勢によっては、「大幅に安くしか売れなかったり、買い手がなかなか見つからない」といったリスクがあることも知っておく必要があるわけです。


カントリーリスク

外国債券の場合、その発行体の所在する国・地域の経済・政治環境の変化に起因する影響も考慮に入れなければなりません。
このような国全体の経済や政治の不安定性のことを、一般に「カントリーリスク」といいます。
具体的には、ある国が諸外国から融資や投資を受けている場合、その国が戦争や災害、あるいは財政破たん、外貨の枯渇といった要因によって外国への元利金の支払いが不履行になるリスクのことです。
国ごとの信用リスクを評価するモノサシとして、カントリーリスク情報があります。
カントリーリスク情報は、国内外の格付機関や調査機関等から発表されています。





おすすめ投資信託