おすすめ投資信託
  1. Top
  2. » 投資信託おすすめ




J-REIT投資のメリット

J-REITとは、多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する日本の金融商品です。

REITという金融商品はアメリカで生まれ、Real Estate Investment Trustの略でREITといわれています。
これにならい、日本では頭にJAPANのJをつけてJ-REITといわれています。
J-REITは証券取引所に上場されている投資信託になります。
J-REITが初めて上場されたのは、2001年9月ということで比較的歴史は浅い金融商品ということにうなります。


J-REIT投資のメリット
J-REITへの投資には、不動産投資固有のデメリットから解放されるという魅力があります。

少額から投資できる
現物不動産投資では、まとまったお金が必要です。
中古のワンルームマンションを購入する場合でも最低数百万円はかかりますが、J-REITへの投資であれば、数十万円からという少額から投資可能です。
ETFを利用することで、数万円からの投資も可能となります。

投資対象の分散が効く
通常、現物不動産投資をする場合は、所有できる物件数に限りがあります。
このため、テナント撤退などによる収益変動の影響を受け易いということがあります。
J-REITは、複数の不動産を所有しているため、収入を少数のテナントに依存するということがありません。
ひとつのJ-REIT銘柄への投資でも、投資先不動産物件の分散が可能となります。

流動性の低さが解消される
現物不動産投資の場合、売買取引が完了するまでに1~2カ月かかってしまいます。
そのうえ、買い手が現れなければ取引が成立しない事態も考えられ、どうしても流動性が低くなってしまいます。
J-REITへ投資するのであれば、株式と同じように証券市場においてリアルタイムで売買ができるため、不動産投資につきものの流動性の低さを解消することができます。

不動産管理の必要がない
現物不動産への投資の場合、管理の問題があります。
J-REITへの投資であれば、賃料の徴収、入居者の募集、トラブル対応、定期的なメンテナンス、物件維持などの不動産特有の管理・手間がかかりません。
予想外の修繕費負担に悩まされることもないのは大きなメリットとなります。

収益がほとんど分配される
J-REITは、利益のほとんどを投資家に分配する仕組みになっています。
実際の不動産そのものに投資するのと同様に、不動産からの収益を毎期の分配金として受け取ることができます。


J-REITは、不動産投資のメリットをしっかり確保しながらも、現物不動産に直接投資する場合のデメリットから解放される投資商品となります。





米国企業の社債もETFで投資できる

社債投資は、国債よりもリスクが高く株式投資よりは低リスクだとされます。
米国企業の社債に投資することの魅力の1つは、一般的に米国債をはじめ発行体企業の国の国債に投資するよりも高い利回りが期待できることです。

社債を個人が購入する場合、発行体の倒産などによるデフォルトリスクがありますが、ETFを利用すれば銘柄が幅広く分散されるのでデフォルトリスクが低減されます。
また、米国社債をETFで購入した場合でも社債のクーポンは米ドルベースで安定したリターンが期待できます。


海外ETFを利用した社債投資

社債投資のリスクを勘案すると、海外ETFを利用して、幅広く銘柄分散された社債ETFを購入することで、デフォルトリスク(信用リスク)を低減しながら、米ドルベースではありますが、安定した利子を定期的に得ることが期待できます。

海外ETFとは、海外(ニューヨーク証券取引所など)に上場された投資信託のことで、株式のように証券取引所が開いていればいつでも売買可能な金融商品です。
もちろん国内の証券会社を通じて売買することが可能な金融商品です。

社債ETFは、償還期限が異なる債券への分散投資(数百銘柄に分散投資)を継続している金融商品です。
社債ETFを保有しているだけで自動的に社債が買い換えられていくイメージです。
社債を幅広く分散投資できる米国社債ETFは、少額から購入することが可能です。

そして社債ETFを利用するメリットとして一番大きいのが、流動性を確保できるということです。
証券取引所が開いていればいつでも換金することができるメリットは非常に大事なことです。


国内金融機関で購入可能な外国社債海外ETF
(以下の海外ETFは米ドル建てですので利子の振込みも米ドルです。)


iShares iBoxx $ Invest Grade Corp Bond (LQD)
iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債ファンド
IBoxx米ドル建てリキッド投資適格インデックスへの連動を目指します。
流動性の高い投資適格米ドル建て社債の銘柄で構成。
組入銘柄数 736 (2013年2月現在)


iShares iBoxx $ High Yield Corporate Bd (HYG)
iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債ファンド
iBoxx米ドル建てリキッド・ハイイールド インデックスへの連動を目指します。
米ドル建ての高利回りの社債に投資。
組入銘柄数 1068 (2013年2月現在)





優先株ETF【PFF】米国優先株式ETF

iシェアーズS&P米国優先株式インデックスファンド(PFF)は、アメリカの優先株を中心に投資するETFです。
株式ETFとしては珍しく毎月分配型の海外ETFで、高配当利回りが期待できます。
配当利回り 5.98%(2013年2月現在)

優先株の特徴

優先株とは、議決権がない代わりに、配当が多くもらえる種類の株式で、定期的に決まった配当を得られる株式のことです。
優先株の株価は、普通株に比べ値動きが少ない傾向にあります。
優先株の株価は債券価格と同じように、金利とともに変動する傾向があります。
このタイプの株はハイプリッド投資商品とも呼ばれています。
普通株の特徴と、確定利付証券の特徴を併せ持っているので、このタイプの株はハイプリッド投資商品とも呼ばれています。

» 続きを読む





おすすめ投資信託