おすすめ投資信託
  1. Top
  2. » おすすめ投資信託




資産運用 -拡大する新しい選択肢「ETF」-

世界中でETFのプレゼンスが高まっています。
ETFは、革新的な運用ツールとして、たくさんの可能性を秘めています。


ETFは、日本国内だけでなく世界の国・地域に投資を行うことが可能です。
また、ETFが組み込む資産も、株式、債券、不動産、商品と多岐にわたっています。


難しい理論を勉強する必要はないと思いますが、資産運用及び投資の知恵を学び知識を蓄えることによって、自らの力で投資してお金を増やす能力がつき、それは同時に自分の資産を守るための能力にもなります。

このサイトの情報やいろいろな投資・金融商品の情報に触れ、できるだけ早く資産運用の知恵を身につけることが大切です。


資産運用におすすめの投資信託は「ETF」
債券ETF 【おすすめ投資信託】
債券ETFの銘柄
REIT ETF 【おすすめ投資信託】
REIT ETFの銘柄
株式ETF 【おすすめ投資信託】
株式ETFの銘柄
優先株ETF【PFF】米国優先株式ETF
米国債券で資産運用







資産運用におすすめの投資信託は「ETF」

長期的に安定した資産運用をしていくには、リスクを分散したお金を生み出す資産(ポートフォリオ)を長期保有することです。
利子や配当や分配金がある資産又は株式のように値上がり益を得られる資産を保有すること。
そして、その利子や配当や分配金を再投資していくこと。
また、コストをいかに抑えられるか。
ということが資産運用のポイントになります。

運用ツールになるのが「投資信託」の中でも「ETF」

リスクを分散するためには、資産の分散や幅広い銘柄の分散が必要になります。
投資信託であれば、株式や債券、不動産といった配当や利子、家賃収入がある資産に小額から幅広く分散投資が可能になります。

投資信託の中でもおすすめなのは、ETFという証券取引所に上場されている投資信託です。
ETFは証券会社で購入することが可能です。

ETFとは、Exchange Traded Fundの略で、指数連動型上場投資信託ともいわれています。
海外ETFとは、海外の各種指数との連動を目指すETFでニューヨーク証券取引所やナスダック市場、香港市場など外国の証券取引所に上場されているETFです。

ETFは、上場されているので透明性が高く、流動性もよいことがメリットとなります。
ETFは一般の投資信託よりも運用コスト(信託報酬)が安く設定されていることが多いので、長期的に保有する場合はコスト面で有利です。

ETFは上場しているため、株式と同様に価格がリアルタイムで変動します。
値動きを見ながら購入・売却のタイミングを決められるほか、株式と同様、指値・成行注文で購入することができます。

» 続きを読む





ETFは資産運用のおすすめ投資ツール

ETFは米国の個人投資家の間では一般の投資信託と並んでポピュラーな投資商品で、日本でもやがては個人投資家にとって主要な投資ツールになると思われます。
ネット証券会社を通じて投資している人たちにとっては、すでに身近な投資ツールになりつつあります。
ETFは、すべての日本人にとって、知っておいて損はない金融商品だと思われます。


分散投資が容易にできるETF

ETFがなぜ米国をはじめとする外国でポピュラーな金融投資ツールになったのかというと、それは投資方法の成熟と関係しています。
現在、日本で個人の投資というと個別銘柄の株式投資やFX、そして投資信託がすぐに思い浮かぶと思います。
株式投資、FX投資に限らず、特定の商品に投資をするのも一つの投資方法ではありますが、金融市場は常に動いており、特定の商品、資産に集中投資をしているとリスクが分散できず、ときに大きな損失をこうむりかねません。
個人投資家が成熟してくると、いくつかの金融商品に同時に投資する分散投資の形になっていきます。
どこかで負けても他のいくつかで勝ち、トータルでプラスの投資リターンを狙い、そしてリスクを分散することを心がけます。

投資信託やETFを使えば、米国株も日本株もBRICsも外国債券も不動産も金(ゴールド)も、といった国際分散投資が比較的少額で実現します。
投資信託やETF各銘柄は、数千~数万円程度から投資できます。
特にETFの運用コストは通常の投資信託より低めで、売買コストは株式と同等です。


ETFの仕組み

ETFの仕組みを簡単に説明すると、ETFは投資信託と同様に、ある種類の株式や債券などの金融商品のまとまりに投資するファンドです。
ETFは、いわゆる「指数連動型の投資信託」であり、なんらかの指数(ニューヨークダウなど)と連動するように設計されたファンドです。
そのファンドが東京証券取引所やニューヨーク証券取引所など証券取引所に上場され、株式と同様にそのときどきの価格で売買されます。
つまり、形は投資信託と同じファンドで、売買は株式と同じように証券市場でといった具合に、投資信託と株式の両方の特徴を少しずつ併せもっています。

ETFは、投資信託の形ですから、信託報酬という保有コストがかかります。
それぞれのファンドマネジャーが情報収集・分析・売買タイミングに知力をだし、運用されているアクティブ運用の投資信託はもちろん、指数連動型の投資信託と比べても、総じてETFは運用コストが低めになっています。

売買は株式と同じですから、東証上場のETFであれば、市場の価格でどこの証券会社でも売買ができます。
また売買時間も、その証券市場が開いている時間ならいつでも売買可能で、株式と同じく指値や成行で注文できます。

売買単位は、株式が銘柄ごとに違うようにETFも銘柄ごとに定められています。
なお分配金も、株式と同じようにといっていいかもしれませんが、個別の銘柄で一定の時期に分配する銘柄と、分配のない銘柄がありますので、そのあたりもETF投資を検討する際にはチェックする必要があるといえるでしょう。
TOPIX連動型ETFなどであれば、新聞やテレビで値動きが報道されるため、個別株式銘柄のように意識して調べなくても、だいたいの値動きが毎日わかります。


資産運用におすすめの投資信託は「ETF」
海外ETFとは <資産運用におすすめのツール>
ETFの特徴とメリット

債券ETF 【おすすめ投資信託】
債券ETFの銘柄
米国債券で資産運用

REIT ETF 【おすすめ投資信託】
REIT ETFの銘柄

株式ETF 【おすすめ投資信託】
株式ETFの銘柄
優先株ETF【PFF】米国優先株式ETF








海外ETFとは <資産運用におすすめのツール>

海外ETFとは、外国の法律に基づいて設定され、外国の証券取引所に上場しているETFのことです。
米国の法律に基づき設定され、ニューヨーク証券取引所に上場しているETF、英国の法律に基づき設定され、ロンドン証券取引所に上場しているETFなどのことを指します。
また、シンガポール法律に基づいて設定され、香港証券取引所に上場して、米ドル建てで取引されるETFのように、設定国、上場市場の所在地と通貨が異なるものもあります。外国ETFと呼ばれることもあります。

海外ETFも、多くは代表的な株価指数や債券指数、商品指数などへの連動を目指すインデックスファンドです。
国内の証券取引所に上場しているETFと同様に、取引所が開いている時間であればいつでも売買が可能ですし、指値注文や成行注文を出すことも可能です。

日本の投資家も、日本国内の証券会社を通じて、海外ETFを購入することが可能です。
この数年、日本で取り扱われる海外ETFのファンド数は急速に増えています。
取り扱っているETFは証券会社により異なります。
楽天証券、マネックス証券、SBI証券などのネット証券、や野村證券などが、多くの海外ETFを取り扱っています。

米国で最も活発に取り引きされているETFの「SPDR S&P 500」や「SPDR Dow Jones Industrial Average」も購入できます。
他にも、世界各国の新興国株式に投資する「iShares MSCI Emerging Markets Indx」
全世界の株式市場に投資する「Vanguard Total World Stock Idx Fd」
米国投資適格債券市場へ投資する「iShares Barclays Aggregate Bond Fund」
金地金価格連動のETF 「SPDR Gold Trust 」なども簡単に購入できます。

海外ETFは、海外の市場に上場していますので外貨建ての投資対象です。
通貨は設定された国によって異なります。
米国で設定され、米国の証券取引所に上場しているETFは米ドル建て、英国で設定され、英国の証券取引所に上場しているETFはポンド建て、ユーロ加盟国に上場しているETFはユーロ建てで取引されることが主流ですが、シンガポールで設定され、香港証券取引所に上場し、米ドル建てで取引されるもの、アイルランド籍で米ドル建てのETFように、設定国、上場市場の所在地と取引通貨が異なるものもあります。
決済は証券会社の取引口座に外貨の残高を用意する必要がある場合と円で決済が可能な場合があり、対応は証券会社により異なります。





債券ETF 【おすすめ投資信託】

債券という金融商品は、定期的に利子を受け取ることができ、満期日を迎えれば投資した額面金額を償還金として受け取ることができる金融商品です。
債券市場の値動きは株式市場の値動きに比べ、相対的に安定していて、利子収入(金利)を得られるので、長期的に安定的な資産運用を目指すことができます。

債券投資する際は、ETF(Exchange Traded Fund)を利用するのがよいのではないでしょうか。
ETFには、国内の証券取引所に上場されているETFと、海外の証券取引所に上場されている海外ETFがあります。
債券ETFであれば、債券の銘柄を広く分散させることが可能で、債券ETFを保有していると毎月のように利子が自分の口座に振り込まれます。


債券投資の方法 <ETFで債券を保有>

債券ETFに投資することで安定したインカムゲイン(利子収入)を期待することができます。
また、株式やREITなど外国債券と異なる資産を保有している場合、それそれの資産の値動きに相関性が低いため、分散投資効果によるリスクの低減も期待できます。
安定したインカムゲイン(利子収入)が期待できるといった点で、債券はポートフォリオのコアとしたい資産の一つです。
また、債券ETFの場合、債券のクーポン(利子)を配当(分配金)という形で受け取ります。

債券ETFは、その内部に多数の債券銘柄を組み入れています。
外国債券の海外ETFは、償還期限が異なる債券への分散投資(数十~数百銘柄に分散投資)を継続しているので、ETFを保有しているだけで自動的に債券が買い換えられていくので、個々の債券の運用満期を気にする必要が無いため、手間がかからない簡単な債券投資方法です。
しかもグローバルに国債、社債を広範囲に分散投資できる債券海外ETFは、少額から購入することが可能です。

海外ETFを利用すれば銘柄数をかなり分散することができるので一つの企業の社債や一つの国の国債に投資・購入するよりも信用リスク、デュレーションリスク(平均回収期間のリスク)が軽減されます。

そして海外ETFを利用するメリットとして一番大きいのが、流動性を確保できるということです。
証券取引所が開いていればいつでも換金することができるメリットは大きいです。

債券市場の値動きは株式市場の値動きに比べ、相対的に安定していて、利子収入(金利)を得られるので、長期的安定的な運用を目指すことができるのではないでしょうか。

どのような債券指数に連動する海外ETFがあるのかというと、米国債、米国の公社債、米国の投資適格社債、ハイイールド社債、米国住宅ローン担保証券、米国物価連動国債、米国以外の先進国国債、新興国の国債などがあります。
どの商品も、ほぼ毎月の利子収入が期待できます。
外貨建ての金融商品なのでほとんどが米ドルでの利子の振込みになります。





おすすめ投資信託