おすすめ投資信託
  1. Top
  2. » 2037/09




資産分散による安定した資産運用

ポートフォリオ全体の値動きは投資対象の資産クラスの基本資産配分によって概ね決まるといわれています。
さまざまな資産クラスに分散投資を行うことで、パフォーマンスを安定させ、大損を避けることが重要です。
(資産分散をするとパフォーマンスの良い資産クラスと悪い資産クラスの双方の値動きが相殺されるため。)

効果的な分散投資には、経済や市場の変動に対して動きの異なる資産クラスを組み合わせることが必要です。
また、リターンの異なる資産クラスに分散投資することで、特定の資産のリターンに影響されにくくなり、保有全体で見たパフォーマンスが安定します。

投資対象の構成比率を決める方法には、いくつもの方法があると思いますが、機関投資家をはじめ運用会社は、一般的にポートフォリオのリスク・リターンの効率性を高めることを目指します。

投資家が合理的にリスク回避的な投資行動をすれば、同じリスク水準ならば期待リターンのより高いポートフォリオを投資家は選択することでしょう。
また、同じリターン水準ならばリスクのより低いポートフォリオを投資家は選択するはずです。

ポートフォリオの価格変動性は、推計リスク(標準偏差)とかかわりが深く、1年間で推計リスクの2倍程度上昇する可能性がある一方、下落する可能性もあります。
そのため、投資できる期間や、短期的に損失が出てしまった時にどれだけ我慢できるか、といった自分の忍耐力をあらためて見つめることが大切です。
一時的に40%以上の値下がりに耐えることが出来るならば、積極型ポートフォリオなど長期的には高い運用成果が期待できる株式中心のポートフォリオを選択することができるでしょう。
しかし、短期的にでもなるべく値下がりを避けたい場合は、長期的には高い運用成果を期待できないかもしれませんが、バランス型ポートフォリオなど債券中心のポートフォリオを選択したほうがよいでしょう。
この基本資産配分で運用成果の大半は決まってしまいますので、投資を行う際には、同じ資産クラスの中で、どのファンドを選択しようかと迷う前に、長期的な観点でのリスク・リターンの予想に基づき「どの資産クラスに、どれくらい配分するか」という基本資産配分をしっかり決めることが重要です。






債券投資とは

債券を簡単に説明すると、多くの人からお金を集める際に発行される借用証書のようなもの ということができます。
債券とは、国や地方公共団体、金融機関、事業会社などが、多くの人から多額のお金を集めたいときに、借りたお金の返済や利息の支払いなどを約束にするために発行する証券のことです。

債券が発行されるときには、下記のような条件が決められます。

借入金の額(発行額)
借入れの期日(発行日)
利息を除く借入金の返済期日(満期日)
お金を借りている期間 年限(期限)
支払う利息の率(利率)
利息を支払う期日(利払日)
利息を除く借入金の返済額(償還金額)


上記の条件で、債券を購入した人は、償還日までにいくらの利息がもらえ、償還金額がいくらなのかがわかるようになっています。


債券には、満期日まで、継続的に同じ金額の利息が支払われる固定利付債(確定利付債)といわれる債券と、利息の金額が変動する変動利付債といわれる債券とがあります。

固定利付債(確定利付債)
満期日まで、あらかじめ決められた固定の利息が、利払日に支払われる仕組みの債券を固定利付債(確定利付債)といいます。
固定利付債は、債券の発行の際に決められた利率が、満期日まで変わりません。
ほとんどの債券は、固定利付債となっています。

変動利付債
債券の利息の額が、利払日ごとに、その時々の市場金利等の状況に応じて変動する仕組みの債券を変動利付債といいます。
変動利付債の利率は、利率を決める際の市場金利に基づいて決められます。
日本では、期間10年の個人向け国債などが変動利付債です。
この期間10年の個人向け国債の利率は、半年ごとに見直され、直前に発行された10年満期の長期利付国債の利回りを基に決められます。


債券ETF 【おすすめ投資信託】
債券ETFの銘柄
米国債券で資産運用
米国債購入もETFで購入する
米国企業の社債もETFで投資できる
債券投資のリスクについて
投資適格債券とは
投機的格付債券とは (ジャンク・ボンド)






米国債券で資産運用

米国債は、アメリカ合衆国政府に対する信頼によって市場が出来上がっています。
その信頼は、世界的に絶大であるといえるでしょう。
外国債券投資におけるリスクには、為替変動リスクや信用リスク、デュレーションリスクなどがありますが、米国債であれば信用リスク(デフォルトリスク)はないと考えていいでしょう。
米国債を購入することで、信用リスクをとることなく、安定した利子収入が期待できます。
つまり、米国債は、世界中の資産の中で一番安全な資産だということではないでしょうか。

米国債券投資をすることで、世界中の資産の中で最も安全な資産に投資することができ、安定した利子収入が期待できます。
また、株式やREITなど米国債券と異なる資産を保有している場合、それそれの資産の値動きに相関性が低いため、分散投資効果によるリスクの低減も期待できます。
信用リスクをとることなく、安定した利子収入が期待できるといった点で、米国債券投資は、資産運用ポートフォリオのコアになりえる資産になります。
米国債券市場の値動きは株式市場の値動きに比べ、相対的に安定していて、米国債投資は利子収入(金利)を得られるので、米国債の保有で安定的な資産運用を目指すことができるのではないでしょうか。





米国債購入もETFで購入する

米国債を購入しようと思ったと時には、ETFを利用して、米国債を購入する方法もあります。
外国債券投資におけるリスクには、為替変動リスクや信用リスク、デュレーションリスクなどがありますが、米国債券ということであれば信用リスク(デフォルトリスク)はないと考えていいでしょう。
ETFを利用すれば償還期限の違う米国債券に分散投資することができるので、米国債券を直に購入するよりもデュレーションリスクが軽減されます。

米国債のETFは、償還期限が異なる米国債券に分散投資を継続しているので、米国債ETFを保有しているだけで手間がかからず便利です。
少額から購入できるといった点でも、米国債ETFは使い勝手がいいと思います。

ETF(Exchange Traded Fund)とは、指数連動型上場投資信託のことです。
海外ETFとは、海外の各種指数との連動を目指すETFでニューヨーク証券取引所やナスダック市場、香港市場など外国の証券取引所に上場されているETFです。
上場されているので透明性が高く、流動性もよいのが海外ETFのメリットとなります。
海外ETFは上場しているため、株式と同様に価格がリアルタイムに変動します。
値動きを見ながら購入・売却のタイミングを決められるほか、株式と同様、指値・成行注文で発注できます。


国内金融機関で購入可能な米国債券 海外ETF

iShares Barclays 7-10 Year Treasury Bond Fund(IEF)
iシェアーズR ・バークレイズ 米国国債 7-10年 ファンド
バークレイズ・キャピタル米国国債(7-10年)インデックスへの連動を目指します。
米財務省市場の中期物セクターへ投資。

iShares Barclays 20+ Year Treas Bond (TLT)
iシェアーズR ・バークレイズ 米国国債 20年超 ファンド
バークレイズ・キャピタル米国国債(20年超)インデックスへの連動を目指します。
残存期間が20年超、米ドル建ての米国財務省証券で構成されています。

iShares Barclays 1-3 Year Treasury Bond (SHY)
iシェアーズR ・バークレイズ 米国国債 1-3年 ファンド
バークレイズ・キャピタル米国国債(1-3年)インデックスへの連動を目指します。
残存期間が1年以上3年未満で、米ドル建てで非転換型の米国財務省証券から構成されます。





米国企業の社債もETFで投資できる

社債投資は、国債よりもリスクが高く株式投資よりは低リスクだとされます。
米国企業の社債に投資することの魅力の1つは、一般的に米国債をはじめ発行体企業の国の国債に投資するよりも高い利回りが期待できることです。

社債を個人が購入する場合、発行体の倒産などによるデフォルトリスクがありますが、ETFを利用すれば銘柄が幅広く分散されるのでデフォルトリスクが低減されます。
また、米国社債をETFで購入した場合でも社債のクーポンは米ドルベースで安定したリターンが期待できます。


海外ETFを利用した社債投資

社債投資のリスクを勘案すると、海外ETFを利用して、幅広く銘柄分散された社債ETFを購入することで、デフォルトリスク(信用リスク)を低減しながら、米ドルベースではありますが、安定した利子を定期的に得ることが期待できます。

海外ETFとは、海外(ニューヨーク証券取引所など)に上場された投資信託のことで、株式のように証券取引所が開いていればいつでも売買可能な金融商品です。
もちろん国内の証券会社を通じて売買することが可能な金融商品です。

社債ETFは、償還期限が異なる債券への分散投資(数百銘柄に分散投資)を継続している金融商品です。
社債ETFを保有しているだけで自動的に社債が買い換えられていくイメージです。
社債を幅広く分散投資できる米国社債ETFは、少額から購入することが可能です。

そして社債ETFを利用するメリットとして一番大きいのが、流動性を確保できるということです。
証券取引所が開いていればいつでも換金することができるメリットは非常に大事なことです。


国内金融機関で購入可能な外国社債海外ETF
(以下の海外ETFは米ドル建てですので利子の振込みも米ドルです。)


iShares iBoxx $ Invest Grade Corp Bond (LQD)
iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債ファンド
IBoxx米ドル建てリキッド投資適格インデックスへの連動を目指します。
流動性の高い投資適格米ドル建て社債の銘柄で構成。
組入銘柄数 736 (2013年2月現在)


iShares iBoxx $ High Yield Corporate Bd (HYG)
iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債ファンド
iBoxx米ドル建てリキッド・ハイイールド インデックスへの連動を目指します。
米ドル建ての高利回りの社債に投資。
組入銘柄数 1068 (2013年2月現在)





おすすめ投資信託